読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士、合格後すぐに独立したらこうなる

中小企業診断士で独立をお考えの皆様、受験を目指す皆様。コネなし、専門性なしでいきなり独立するとどうなるかを赤裸々に書いていきます。皆様の人生設計の一助になれば幸いです

中小企業診断士独立 298日目 4月から中小企業診断士の勉強をスタートされる方へ2017年版

皆様こんにちわ。haruです。

 

桜も終わってしまい、少し寂しいですが新しい季節が来るんだなというワクワク感がありますね。

 

さて、最近過去記事で「4月から中小企業診断士の勉強をスタートされる方へ」というのがあるのですが、最近またこちらをご覧いただいている方が増えてまいりましたので、2017年版と銘打ってご紹介したいと思います。

 

大枠の戦略は変わりません

 

試験二日目の4科目に絞って取りに行きましょう。ということなんですが、

 

最近の傾向として、「経営情報システム」「経営法務」が難化していることが挙げられます。

 

この科目ごとの難しさというのは、今後も読み切ることは難しく、全ては作問者の気分?次第です。

 

となると、7科目平均で420点をとった方が楽なのではないか?という疑問がわきます。

 

実はその通りです。勉強時間さえ確保ができるのならばそれでいくので間違いありません。しかしながら、1科目目安100時間という時間を捻出するのは容易ではありません。

 

そこでお伝えしたいのは、科目合格は60点で良いということです。

 

私も昨年の問題を見ましたが、確かに難しいです。

 

しかし基本さえ完璧に押さえていればおそらく50点程度はとれた問題でした。

 

じゃあ残り10点どうするか。

 

だいたい1マーク3点から4点。ということは3マークないし4マーク取れれば突破できるわけです。

 

難しい問題は50点分、平均15マークです。

 

大抵難しい問題においても、選択肢全部が怪しいというケースはあまりありません。

2択か3択には絞り切れます。

 

2択にまで絞れれば、確率は単純計算50%です。

難しい問題15マークに対し50%ならば、7.5マーク。つまり余裕で60点越えです。

もう少し確率を落として40%ならどうか、6マーク。これでも60点越えです。

さらに確率を落として30%ならば?4.5マーク なんとこれでも60点越えです。

もう絶望的に運が悪い20%ならば?3マーク 4点、3点、3点という配点ならばこれでも60%越えです。

 

どうでしょうか。少し行ける気がしてきますね。

ここから導き出される結論は、

 

①とにかく基本を押さえる。問題集や過去問は完璧に理解する。

 

これで50点を確保します。

 

②難しい問題の時、いかに2択まで絞り込めるか。

上記のように2択にまで絞り込めれば、確率論からいっても突破が可能です。

 

さらに、

ケアレスミスを絶対にしない、というのが絶対条件になります。

 

今現在4月15日ですから、本試験まで約4ヶ月あります。

一ヶ月で100時間として、一日平均3時間と少し、これでマックス4科目、安全を見て3科目なら無理な状況ではありません。

 

何かの参考になれば幸いです。

中小企業診断士独立 295日 商品に説得力を増させるために

皆様お久しぶりですharuです。

 

最近すっごい涙もろいです。

精神的に不安定なんですかね。

 

最近は、できるだけ本を読もうという気持ちが強くなってきました。

これは、様々なコンサルティングをさせていただく中で、やはり本というのは素晴らしい情報源なのだな。と日々感じるからです。

 

これだけネットが全盛の時代。大抵のことはググれば出てきます。

しかし、なんだか味気ない。

例えば、最近では「テレビ通販に学ぶプロモーション」っていうレクチャーをする機会があって、いろいろネットでも調べましたが、なんだか「ストーリー」が無いんですよね。

 

なので、レクチャーのリハーサルを家でやっていてもなんか、相手の芯に迫るものがない。そこで、こんな本を読んでみました。

 

「社長、辞めます! 」 ジャパネットたかた 激闘365日の舞台裏

 

泣きました。泣く要素あった?っていう感じですけれど、最近会社の事が好きで、仕事を頑張っている系の本は、本当に涙腺が崩壊します。

 

このブログは本の評論をする場ではないですし、まして私ごときが偉そうに言えることもないのですが、

 

もし私と同じように駆け出しでコンサルやられている方、起業しようという方は是非読んでみてください。なんだか不可能ってないんじゃないか。

 

今まで自分で勝手に自分の枠を作っていたんじゃないか。そんな気持ちにさせられます。

 

さて、ようやく今日の本題ですが、ネットの情報って確かにとても便利ですがストーリーまでは載っていません。たとえのっていたとしても、かなりダイジェストです。

 

そりゃそうです。この本の読了時間は約2時間。ネットで2時間も読ませる記事など効率が悪くって仕方ありません。

 

しかしそうやって仕入れた知識は、コンサルティングでほぼ使えません。

 

今回のコンサルティングでこの本を始めとして約10冊、有料の市場調査のデータ100ページ、さらに自分自身の経験、今までコンサルさせて戴いた40社以上の統計、これらを複合的に絡ませることで初めて「専門家」っぽいアドバイスができます。

 

つまりやはり時間はかかるわけです。効率は悪いわけです。

 

しかし駆け出しはここまでやって初めて、クライアントから信頼されると思います。

その結果リピートにつながり、何とかこの10か月黒字でやってこれました。

 

やっていくうちに段々知識にストックができてきます。

きっと効率は、後からついてくるのだと今は考えています。

 

急がば回れですね。

 

ちなみに、10冊のうち3冊で泣きました。内一冊は、電車の中で涙が止まらなくなってしまって困りました。しかもそれも泣くとこある?っていう本でしたが。。。

 

機会があればそんな話もまた。

 

ノウハウ集をこちらにまとめています。

もはや匿名ブログの意味、、、、。

 

フリーランス 売上が上がらない時期の過ごし方① | 高島稔中小企業診断士事務所

中小企業診断士 独立285日目 独立を行うために絶対に必要なこと

皆様こんばんわharuです。

 

諸事情により、というか操作ミスで書いていた記事が消滅しました。ショック大です。

せっかくなので、全く違う記事を書きます。

 

独立を行うために絶対に必要なことを本日はお伝えしていきます。

 

それは、テストをしてみるということです。

 

いきなり独立すると私のような状況になります。

独立1日目から振り返ると、まず中小企業診断士の仕事自体が全く分かっていなかった。

 

どんな仕事があって、どんな仕事ならどれくらいの報酬相場があるのか

 

そんなことすら分からないまま独立してしまいました。

 

つまり事業計画がゼロだったわけです。

 

そんな事業うまくいくわけありません。確かに独立1ヶ月から3か月はラッキーパンチが当たりまくりました。

 

いわゆるビギナーズラックってやつです。

 

当然ですが、そんなラッキーは続きません。

 

そこから苦しい独立4ヶ月目から6ヶ月目を送りました。今思い出しても震えがきそうです。あの頃は本当に毎日つらいつらいと感じていました。もうすぐ我が子も生まれてくるのに、父さんほぼプー太郎だよって感じていました。

 

自分自身のコンサルティングが始まったわけです。

 

現状をひたすら分析して、何か少しでも生かせる自分の強みは無いのか、

どこかにチャンスは転がっていないのか。

そういったものを自問自答し続けました。

 

専門家登録の要件も満たしていなかった私は、公的診断の仕事も取れません。

セミナーもやったことありません。

実績も、特筆すべきノウハウもありません。

 

絶望しかなかったです。

 

しかし、独立してしまった以上後戻りはできません。

そこで、コンテンツを作りまくっていました。

 

ある意味開き直りというか、「初歩の初歩」「基本の基本」「入門編」といったコンテンツに絞ろうと心に決めたわけです。

 

専門性が無いという弱みを逆転の発想で活かそうと決めました。

「専門知識ゼロ!それでもブログを月間1万PVにした方法」

「数字が大きらいっだった私が、補助金申請まで通せるほどになった計画策定法」

 

など、とにかくコンテンツを作りまくりました。

 

不思議なもので、お世話になっている方から「ほぼボランティアになっちゃうけれど、セミナーやってみる?」とかのお誘いを受けて、このコンテンツたちを披露する機会を頂きました。

 

さらに、チャンスとあらばどこへでも行きました。プレゼンをする機会をいただけたら儲けものくらいの気分でした。

 

1分用、3分用、5分用と作り上げていきました。

 

もちろんセミナーを専門でやられている方からは、「コンテンツが弱い」との指摘も受けました。「haruにしかできないものでないと価値は低い」とも言われました。

 

しかし、無いものはないし、できないものはできないのです。

転記が訪れたのは2月に入ってから、つまり独立7か月後あたりです。

 

本当に地道な活動が功を奏し、仕事を頂けるようになってきました。

 

それは、あの「入門コンテンツ」群だったわけです。

 

まだ起業したての会社をharu支援してみない?とか、協会の会報誌に投稿した記事を見ていただいた方から、あの話セミナーでしてみない?とか、専門用語使う先生以外でお願いしたいって依頼があって。。。とか、年齢が近い先生を探していて、とか。

 

あの頃いただいたメールや電話を思い出すたびに涙が出そうになります。

 

安堵というか、ようやく少しだけ光が見えてきたそんな気分でした。

 

そして、10か月たった今、はっきりと断言できることは

 

コンテンツの準備も、プレゼンも独立する前でもできた

 

ということです。

 

もしそうであれば、きっともっと気持ちにも余裕があったと思います。

テストも十分できたはずです。

 

2ヶ月に一回有給使うのなんて、絶対できたはずでした。

 

それでも飛び込んでしまった。

 

皆様にはどうか同じ体験をしてほしくないです。

何かの参考になれば幸いです。 

 

 

中小企業診断士独立 283日目 中小企業診断士は一発逆転の資格か

皆様 おはようございます。

本日はカフェで仕事をしています。

おうちにもうすぐ3か月になる子供がいて、自宅では全く仕事になりません。

 

可愛すぎるからです。ほっておくと3秒ごとに顔を確認してしまう始末です。

今日は午後から地元で仕事があるので、さすがに事務所まで行くのは、効率が悪い。そこでカフェでやっています。

 

結論からすると「電話が取りづらい」ですね。良し悪しです。

 

さて、本日のお題は中小企業診断士は一発逆転の資格か

 

ということです。

 

本来セミナーとかでお伝えできれば良いのですが、現在ありがたいお話しでお仕事をいただけており、中々セミナー開催も難しい。

個別コンサルティングになってしまうとやはり報酬を頂く必要が出てきてしまう。

 

そこで、本日はここに特化して、よくある質問と合わせてお伝えします。

 

 

Q.1 独立してもすぐ仕事はありますか。

 これはもう、完全にその人によるとしか言いようがありませんが、私のような凡人には、「食える仕事はなかった」というのが正直な感想です。

 私は、師匠のお手伝いをして、報酬をいただいておりましたが、生活できるお金ではありません。数をこなせばこれだけでもなんとかなるのかもしれませんが、なかなか難しいです。

 やはり実績を積んで直受けの仕事の割合を増やしていくしかありません。

 

Q.2 会社を辞めて勉強をしようと思います!なにか一言ください。

 正直お勧めしておりません。中小企業診断士になって実感することは、

「実績と人脈作りが超重要だ」ということです。 

当然、このためには、期間を要するわけです。

私も最初の6か月間、このために大量の時間とお金を投入しました。つまりこの期間の収入は激減もしくは極端な場合0になるわけです。

それにプラスして勉強期間(通常は1年から2年)も、無収入(失業保険くらい)では、都合3年近く極貧に耐えることになります。

 いくら貧乏とはいえ、「経営のプロ」ですから、あまりにみすぼらしい恰好、ふるまいはできません。

 ですので、3年以上暮らせる貯金が無いのであればお勧めできません。

 

Q.3 合格後すぐに独立してどうでしたか?

 

自分に何ができるのか、どんな提案をできるのかを自問自答していました。

最終的に、前職で携わってきた「商品企画」と「計画策定」のノウハウを換金していくことになりました。

ですので、ご自身に確固たるノウハウがある。しかし企業内で低賃金に甘んじているというかたには、一発逆転の資格となる可能性があります。

 

 

一つだけ言えるのは、「資格で勉強したこと」を換金できる場所は、相当限られています。

 

何かの参考になれば幸いです。

中小企業診断士独立 281日 新年度今年こそ!の貴方へ

皆様おはようございます。haruです。

 

決算月は自由に決められますが、日本は3月決算が多く、またほとんどの会社の新入社員は4月から入社ということで、今日から新年度という方もいらっしゃると思います。

 

土曜日出勤お疲れ様です!

 

私も、受験校に向かっております。午前、午後と二本講義に立ちます。

 

さて、本日は今年こそ、人生を変えたい!とお考えの皆様に、少しでも参考になるお話を

 

もはや義務教育レベルに浸透した、

手帳に夢を書く、日付も入れる!

ですが、叶わない!という方も多いと思います

 

理由はただ一つです。

夢を書いて終わりだから

です。

 

だってそれだけで、叶うって書いてあったよ

 

と言われると思います。

 

叶う人は、行動力があります。

例えば

 

年収1000万!3年後の12月31日まで

 

と書きます。

 

叶わない人→そのまま手帳をパタン

 

叶う人→ 今の年収とのギャップは700万か、じゃあ一年後の目標は、500万!これならギャップは200万だ

 

と、まず大きな目標を細分化します。

 

さらに、アクションを考えるわけです。

 

これはもはや事業計画そのものです。

 

手帳に夢を書いたから実現するのではなく、

実現した人は、手帳に夢を書いていたのです。

 

数式はイコールですが、イコールではありません。

 

バスケの選手の8割は、身長175cm以上だ、

身長175cm以上は、バスケの選手になれるは違いますね。

 

夢がない話だなと思われるかもしれません。

 

しかしながら、次の例はいかがでしょうか。

 

毎朝5時に起きて、勉強。

毎週色んな会合に出て人脈形成。

専門知識も豊富。

診断士の資格を持っている。

 

これは、夢が叶いそうです。

しかも才能は関係ありません。

 

楽に成功する

これが理想です。

 

だからそういうノウハウに飛びつきます。

 

成功者は努力が大好きです。

だから苦労だと感じません。

 

普通努力は大変です。私には難しいです。

 

だから、私の目標は年収400万です。

これなら、少し頑張ればいけそうです。

 

今の年収の10パーセントアップくらいが、まずはとっつきやすいてます。

いきなり大きな目標でなく、小さな目標から始めてみませんか?

 

一度成功すると、自信もつきます。

努力が少し楽しくなります。

 

来年はもっと大きな目標に挑戦できるかも

 

何かの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

中小企業診断士独立 273日目 また新しい動き

皆様こんにちはharuです。

 

季節の変わり目に極端に弱いharuは、この一週間頭痛と戦っておりました。

頭痛って本当にきついですね。

 

そんな中新しい動きが増えてきました。

まず、今までご支援の経験がなかった場所から、支援依頼が来たり、ご無沙汰していた方から連絡を頂いて、またお仕事になったりとうれしい春のお便りをいただいております。

 

今回自分の中で「3か月ルール」という法則ができつつあります。

 

それは、営業というかアクションを起こしてから反響が起こるまでにだいたい3か月かかる。ということです。

 

よく考えると、今現在のうれしい状況は、仕事が激減して悩みに悩んだ12月の動きが功を奏しているといった印象があります。

 

11月にふるさとグローバルプロデューサーの研修で、診断士の活動を丸々1ヶ月ストップしてしまった影響で、12月は信じられないくらい超暇人になりました。

 

よく考えてみると、1月もそんな状況だったわけですが、こちらは妻の出産のばたばたであまり暇人という感覚はありませんでした。

 

そして超暇人とは言え、「休むことができない」というジレンマがあります。

 

忙しければ「助けてくれ」という心理状況になりますが、暇だと「不安で仕方がない」という心理状況になります。

 

つまり、心が休まるときなどないのです。

 

おそらく、これが3年くらい経過すると、だいたいの1年間の流れが見えてきて、「今は英気を養うとき」とかのタイミングもわかるのかもしれませんが、まだまだ駆け出しですので、そんなことわかる由もありません。

 

話がそれましたが、12月に何を行っていたかというと、営業活動を行っていました。

 

この時は、利益度外視でいろんなところに顔を出したり、セミナーをやらせていただいたりしていました。

 

12月、1月は、まるで反響がなく、営業など無駄なのではないかと考えていました。

 

最近のブログでも飛び込み営業は、効率が悪いと私自身書きました。

 

しかし結論はこうです。

 

営業は効率は悪いけれど、ボディブローのように効いてくる

 

です。

 

効率が良いのは間違いなく紹介です。これに異論は今でもありません。しかし紹介してくれる人を探すのはやはり営業なわけです。

 

さらに言うと、営業活動は「成功or失敗」ではありません。

 

こんな当たり前の事を最近の状況の中で気が付きました。

 

目の前の利益だけを追ってしまうと、どうしても営業は後回しになります。

 

しかしこれではどう考えても先細りになってしまいます。

 

営業、商品企画、商品づくり、調査、作業 これらをバランスよく組み立てる必要があることに気が付きました。

 

おせーよって感じかもしれません。普段経営者の皆様にお伝えしていることそのままです。

 

一日の使い方、一週間の使い方、一ヶ月の使い方、一年間の使い方

 

これらを日々考え、PDCAを回していく必要があるのだなと考えました。

 

明日から工夫していきたいと思います。

 

中小企業診断士 独立265日 診断士試験を勉強されている皆様へ

皆様こんにちはharuです。

 

3月も中旬ですね。診断士試験の1次試験に向けて頑張られている方々は、残り5ヶ月です。ここで少し気分転換の話題を一つ。

 

なぜ診断士を取得しようと思われましたか?

 

勉強が長くなってくると、この動機の部分が忘れられがちになります。

そうすると、ただつらいだけという日々を過ごすことになります。

 

さて、話は変わりまして、ストレスが少ない人は怪我も治りやすい。

 

そんな事実があるってご存知でしたか?

 

明石家さんまさんは、怪我のなおりがめちゃくちゃ早いらしいです。

 

そして、ストレスが少ない人は勉強もはかどる。という当たり前の事実があります。

 

スパルタ教育って実は勉強にはとても非効率なんですよね。

 

合格可能性が低いと判定されると、人は「心配」が心を支配します。

 

こういうときって頭に何も入ってこないんです。

 

ですから、私がお勧めしたいのは「なぜ診断士をめざしたのか」この理由を定期的に思い出していただきたいと思います。

 

独立したいのか、

 

転職したいのか

 

今の職場で活かしたいのか

 

もし、診断士に合格したらどんな毎日が待っているだろう。

 

そんなことをワクワクしながら勉強すると、とてもはかどります。

 

実際に私がそうでした。私は独立までは実は考えておらず、転職ができたらいいなと思っていました。

 

中小企業診断士の勉強で学んだことを活かして、中小企業の経営企画室のようなところで働けたらどんなにクリエイティブだろうと考えていました。

 

そこで10年くらい実績を作りまくって、独立して地元に貢献したいっ!という野望を持っていました。あまり年収とかは意識しなかったですね。

 

そう考えると、勉強が楽しくなるんです。

 

ふむふむ、まったくITに無頓着な会社だったら、自分が情報システムの窓口になれるな。VPNとかPaasとか良さそうだな。

 

ベンチャー企業だったら会社法の知識が絶対役に立つな

 

製造業なら、運営管理知っておくべきだな

 

などなど、未来の自分を想像して(妄想して)にやにやしていました。

 

資格を取ったからと言っていきなりそんな抜擢はないかもしれませんが、今の毎日よりもきっとワクワクできる毎日が待ってる。

 

そう想像すると、勉強がとても楽しかったです。

 

真面目な方は、ストイックに学ぼうとできてすごいと思います。

私にはそれは無理でした。

 

もし今勉強に行き詰っている方がいらっしゃれば、「なぜ自分は診断士を目指したのか」を是非もう一度考えてみてください。

 

頭がスッキリするかもしれませんよ。

 

何かの参考になれば幸いです。