中小企業診断士、合格後すぐに独立したらこうなる

中小企業診断士で独立をお考えの皆様、受験を目指す皆様。コネなし、専門性なしでいきなり独立するとどうなるかを赤裸々に書いていきます。皆様の人生設計の一助になれば幸いです

中小企業診断士独立 3年目 振り返る① 「不安だったこと」

皆様こんにちはharuです。

 

昨日は久しぶりの更新にも関わらず、沢山の方にご覧手頂いて嬉しいです。

 

ですが、昨日の記事は、私自身として、この「ブログの主旨と異なるな」という葛藤があります。

中小企業診断士独立 3年目 「仕事が来る人の特徴とは」 - 中小企業診断士、合格後すぐに独立したらこうなる

 

以前書いたように、このブログは、「成功したコンサルタントが、成功する方法を教える」ものではなく、実際に食えるようになるまでのリアルな体験記をお伝えするつもりでした。

 

食えるようになるまで、早く見積もって3年かなと考えていたので、「食えるようになった後」について、ほぼノープランでした。

 

そこで、本日からは、過去記事を振り替えって、現状から見るとどうなのかを考えていく形式をとっていきたいと思います。

 

「1人仮説検証ブログ」を目指してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

まず第一回目は、2016年6月のエントリー

中小企業診断士 独立 10日目 ネガティヴなこと」です

 

shindanshi.hatenadiary.jp

 

まず、

1.なかなかキャッシュにつながらない。

ですけれども、私の場合、始めの半年間が本当につらかったですね。

なんとか月15万円から20万円程度の収入があったのですが、出ていく方が多くて、その後「ふるさとプロデューサー」の研修で、約1ヶ月収入が0になるという期間もあったので、かなり厳しかったです。

 

8カ月目くらいから、経過時から徐々に収支がプラスになって、10カ月経過時くらいから生活が安定してきたイメージです。

 

ここでポイントなのは、「他資格も視野に入れる」場合、後々の仕事のチャンスは増大しますが、やはりキャッシュがマイナスになる期間は長引く傾向にあると思います。

 

次に

2.時間に追われ続ける

 

今思えば、あの程度のスケジュールで何をいっているんだっていう感じですが、自分の能力不足による不安のせいで、一つの仕事にかかる時間が恐ろしく膨大でした。

単純にあのころの仕事量の約5倍強の仕事量を現在回していますが、度胸がついたのか、あの頃振り回されている感覚はありません。

ただ、まだまだ時間に追われ続けている感覚からは解放されておりませんので、独立3年目になってもこれは続くと覚悟した方がよさそうです。

 

3.儲からない

 

師匠の下請けをやっていたころは、全く儲からなかったですが、その経験のおかげでその後の自分のビジネスにつながっています。

 

独立10日程度でうだうだ言い過ぎですね笑

 

今の現状が儲かっているのか?と聞かれるとそれは皆様の現在の収入と比較してというところになるので、何とも言えませんが、収入としてはかなり満足している状況です。

 

年商ベースでは、診断士の平均(700万円前後/年)は超えそうです。

売上ベースでは、

1年目 200万円   (約6ヶ月稼働)

2年目 600万円前後

3年目 見込み800万円~

 

といったところでしょうか。1,000万円も2年目の段階で見えましたが、そちらにはいきませんでした。

やはり妻と子供と一緒にいる時間を優先させたかったというのが大きいですね。

 

2年前の自分に伝えてあげたいのは、

 

「とにかく初めの10か月を乗り切れ!!!」

 

「今は、収支よりも顔を売るのと、技術を磨け!!」

 

といった所ですね。

 

今現在独立されたばかりの方の参考になれば幸いです。