読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小企業診断士、合格後すぐに独立したらこうなる

中小企業診断士で独立をお考えの皆様、受験を目指す皆様。コネなし、専門性なしでいきなり独立するとどうなるかを赤裸々に書いていきます。皆様の人生設計の一助になれば幸いです

中小企業診断士 独立17日目 「専門家派遣について」

皆様おはようございます。haruです。

 

昨日はどっきどきの初めての専門家派遣でした。

字面の通り「専門家」として派遣されていくわけですから、その事前準備には相当時間をかけました。それでもやはり緊張しますね。

 

専門家派遣制度というのは、商工会議所や商工会、県や国の予算において、経営課題を抱える中小企業に専門家を派遣し、解決の支援を行うというものです。

 

そういう意味ではやはり中小企業診断士2次試験というのは、賛否はありますが実践的であるなぁと思います。

 

もちろん、あのままでは実情にそぐわない部分もたくさんありますが、短い時間で潜在的な会社の経営課題を抽出するというのは、かなり使える技術です。

 

紙面上とはいえ、ストレート生でも60事例以上を解いているわけですから、少なくとも企業をみるポイントは訓練されている。これはやはり大きいと思います。

 

1次試験の知識だけで、企業を診断するなど到底不可能で、ただの頭でっかちになってしまうと思います。

 

2次試験の知識+実務補習3社+師匠についてインターンシップ(20社)の経験があったのでなんとか(?)無事行うことができ、今後数か月にわたってご支援させていただくことになりました。

 

さて、連投ではございますが、本日も専門家として派遣されてまいります。

 

全力でご支援させていただきます。